logo SPRINGS FIELD

SPRING’S FIELD

普段の日常から持病アトピーに対する素直な意見まで限定無(^O^)/

リサーチパネルは会員登録してアンケートに答えるだけで ECナビポイントや現金などがもらえるモニターサイトです。ECナビポイントは、
現金やギフト券、電子マネーなどに交換可能な別のポイントに交換することができます。会員登録をすると抽選で豪華賞品をプレゼント!


インターネットリサーチ「楽天リサーチ」のモニター募集プログラムです。
アンケートに答えるだけで無料でもれなく楽天ポイントがもらえる人気のサービスです。


お買い物はこちら。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ステロイド皮膚症への考え方
ひとつ前の記事のコメント欄
「ステロイド皮膚症って、ステロイドの副作用でなるんだよ。それを、なんで、アトピーとかアトピー性皮膚炎とか、成人アトピー性皮膚炎とか言うんだろう?」
との疑問がありましたので今の私の考えをちょと‥(いや、だいぶ)
ステロイド皮膚症を考える会」では尋常性白斑でステロイド皮膚症になった方が参加しています。
彼の場合は尋常性白斑とステロイド皮膚症の混在型を経験したひとです。
一般的にはアトピーの対処に使用したためにステロイド皮膚症になった人が多いのでアトピーとステロイド皮膚症の混在型が注目を浴びます。
またかぶれなどの他の症状にステロイド皮膚症が加わったものもあるようです。私の場合はこれと思っています。
さらにはステロイドを使用した覚えのない人がアトピーになる純粋なアトピー性皮膚炎も確かにいらっしゃるようです。

大人のアトピーはすべてステロイド皮膚症だ、なんて本も確かあったようですが一概には言えないのかもしれません。

東京練馬の藤沢医師と診察以外でお話したことがあるのですが、ステロイド皮膚症との混在型と純粋なアトピーとは違いがはっきりとわかるともおっしゃっていました。

しかし皮膚科学会やステロイドを疑問視すること無しに使用する皮膚科医達や裁判など、つまり世の通念としてはまるでステロイド皮膚症などは存在しないようにすべてが混同されていて一律アトピー性皮膚炎とされてしまいますよね。

なぜでしょう?

私はこれだけ被害者がいて患者達の間にもステロイド異否があるのにこの通念に変化がないのは、その皮膚科学会や疑問視すること無しに使用する皮膚科医達の”都合”によるものが大いにあると考えています。患者優先の都合ではなく医療関係の都合ですね。

ですから、会では自分達の経験を元に今の不健康な体制を鵜呑みにしてステロイド処方を行なっている皮膚科医のステロイド治療を、疑問無しに受け入れる患者の一部は将来被害者になりうると警告しているのです。

そういう意味では「ステロイド皮膚症を考える会」が行なっている問題に対する視点はいいところを突いていると思います。あくまでステロイドの害をどうにかしたいという視点です。(いつも付け足しますがステロイドは必要な場合もあるとしたうえにです)
もしステロイド皮膚症問題が解決されたときにどの程度社会生活に支障が出るほどのアトピー患者がいるのか?
私は激減すると思っています。



ちなみに、私個人のステロイド使用し始めは中学の部活で背泳ぎの時、先輩に悪ふざけで消毒塩素の原液を顔にかけられたことでゴーグルの目の周りがかぶれたためです。(ステロイド使用中にアトピーが発症した可能性は完全には否定できませんが)

使用し始めはなんて良く効くんだ。
次になんか皮膚が薄くて炎症が起き易いな。あの薬を使わなくっちゃ。
次に違う場所にも出てきた。全身的に炎症が起きやすくなったな
次に試験だ、遊びだ、あの薬を使っていい状態にしなくちゃ。

使わなくてもいい時期もありましたがそうして10年ほどかけてステロイド皮膚症への道を進んで行きました。治療に疑問も無しにです。

皮膚科医からの警告無しにこのステップはどのようにして止められたのでしょうか?

当時ネットがあればもう少しダメージを軽く出来たかもしれません。
ですから医療に変化を求めることが難しい今の状況で私はステロイド皮膚症を考える会のような場に参加して同じような道をたどる人が少しでも少なくなる様に「声を出すことををやめない」ことがいいことであると信じています。
| ゆうじ | - | 21:00 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:00 | - | - |
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82r%82o%82q%82h%82m%82f%81f%82r%81%40%82e%82h%82d%82k%82c&address=http%3A%2F%2Fspringsfield%2Ejugem%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
| みんなのプロフィール | 2005/07/10 8:26 AM |
長文です。
私も、ゆうじさんと同じ考えです。文章にしてくれてありがとう。
そしてプラスα、本物のアトピー性皮膚炎と、ステロイド皮膚症が、区別し難いみたいな気がするのです。それもあって、ステロイドの副作用を、アトピーなんて本質をごまかした(と私は思う)呼び方をするのかも・・・

MIOさん(皮膚科医、 何年も前から私のバーチャル主治医の一人)のサイト"MIO's World" で、「(ステロイドの副作用による)血管拡張は血管内充血となり、外見的に赤みとして見られます。アトピーによる炎症性充血も赤みとなりますが、両者を区別することはできないでしょう。」とありました。
MIOさんは本物のアトピー性皮膚炎から、ステロイド皮膚症になったのでは、と感じています。
MIOさんが言う「アトピー、アトピー性皮膚炎」と、私が思っている「ステロイド皮膚症」が、違う病気のように感じる時があるのです。
私は、皮膚掻痒症と、頭皮の脂漏性皮膚炎と、パーマのかぶれから、ステロイド皮膚症になったので、本物のアトピー性皮膚炎を経験していません。本物のアトピー性皮膚炎も赤くて、痒いらしいけど・・・なんか違う・・・

ステロイド外用薬の副作用によるステロイド皮膚症と、ステロイド外用薬によるアトピー性皮膚炎の悪化は、同じ病気だと思いますけどね。

藤澤先生は、ステロイド皮膚症との付き合いが長くて多いので、本物のアトピー性皮膚炎と、ステロイド皮膚症を、見分けられるのかも。

難しいなあ、フー!
| うさちゃん(津久井) | 2005/07/11 5:14 PM |
ステロイドの作用の一つに、細胞を溶かす作用が有ると、感じてます。
リバウンドの時、体が溶けていく感じがした。
なめくじに塩をかけた時みたいな感じだったもの。塩の容器が目にはいるだけで恐かったもの。体が溶けていく、と感じて恐かったです。

ステロイド外用薬の副作用として、皮膚が薄くなる、血管が脆くなる、とあります。
私は、細胞が溶ける、と感じました。
| うさちゃん | 2005/07/14 12:20 AM |
上のうさちゃんは、うさちゃん(津久井)です。2005/07/14 12:20 AM のコメントです。
ステロイド外用薬で細胞が溶ける感じがした、と、書いたコメントです。
| うさちゃん(津久井) | 2005/07/14 12:32 AM |









http://springsfield.jugem.jp/trackback/65
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/22 11:22 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 近畿中央病院 佐藤健二皮膚科医による神奈川での講演会情報
    ゆうじ (07/17)
  • 「アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会」の藤澤重樹医師の講演会情報
    ゆうじ (07/12)
  • 「アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会」の藤澤重樹医師の講演会情報
    K林 (07/12)
  • 「アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会」の藤澤重樹医師の講演会情報
    ゆうじ (07/11)
  • 「アトピー性皮膚炎に対しステロイドを使わない治療を考える会」の藤澤重樹医師の講演会情報
    ごめ (07/10)
  • 初めてのノートパソコン
    ゆうじ (02/15)
  • 初めてのノートパソコン
    hide (02/12)
  • アトピー関連講演会情報2
    ゆうじ (01/19)
  • アトピー関連講演会情報2
    mayu (01/16)
  • アトピー関連講演会情報2
    ゆうじ (01/15)
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE